タグ:New York ( 5 ) タグの人気記事

春は始まり NY禅寺体験

e0176573_01095089.jpg
179.png春ですね179.png

今年のNYは
3月に入って寒波が続き176.png
暦の上では春なのに
ずーっとずーっと寒かった

それでも季節は巡って

4月半ばにやっと気温があがり
街中の花が178.png
いっせいに咲きはじめました

今か今かと
待ち焦がれていたんだよね
きっと

いつもより花の勢いを感じるのは
気のせいだろうか?
e0176573_01414836.jpg
気持ちの良い春の日差しを
楽しんでいたら


最高気温30℃

5月にはいったら
174.png急に夏日です174.png


春を楽しめる期間が
短くない???




今年は
「春の訪れ」を
心から嬉しく感じた


4月上旬

噂には聞いていた


e0176573_03195429.jpg

NY郊外にあるとは思えない

立派な建物

e0176573_03290684.jpg
キャッツキルの自然に囲まれ
環境も素晴らしい

ここで1週間

初・接心

朝4時半開静(かいじょ/起床)
夜10時半 開沈(かいちん/就寝)

1日の大半を

座禅

読経

ただ ただ
自分と向き合う時間を

非日常的空間で過ごせたことは
貴重でした


接心の最後に
気がついたこと


過去を振り返るたびに
浮かんでくる思い

「後悔」

あの時にもっと

頑張っていれば
自分の気持ちに正直だったら
勇気があれば
etc.
etc.
etc.

私の人生は違っていたのかも....



いつの頃からか
後ろ向きな思考回路が
私の中で幅をきかせていた

手放した
今だからわかる

それは
とても
重かった


あんなに重い思いを
一生懸命
引きずって生きていた


人は不思議な生き物で
一度慣れてしまうと
それがネガティブに作用していても
簡単には手放さない

習慣を変えるのは
手がかかるし

ネガティブな思考にも
利用価値がある

例えば
「言い訳」として


意識にアプローチして
心を軽くするためのサポートをする
ヒプノティスト(私)

紺屋の白袴状態でした
(一応 過去形にしておきます 105.png


今をしっかり生きないと
これからの人生も
後悔を重ねることになる
そんな人生を続けたいの!?
もう今までのことは
御破算にしよう!

「気づき」から「手放し」の
プロセスをしたつもりでいた

接心では
「独参」
という時間がある

老師(アメリカ人の女性)と二人で話す時間

最終日に
「許し」について聞いてみた


「許すことは難しい」

「特に自分を許すことは」

「自分を許すことができれば
他人を許すことなど
さほど難しくない」


老師の言葉で


「自分自身を許していない」

ということに気がついた

「後悔する」「自分が許せない」
「自分を責める」
「自分を認めない」
「そんな自分に自信がもてない」「自分を好きになりきれない」


そこで

「どうやって自分を許すのか?」

と再度聞いてみると


老師は
ホ・オポノポノの
4つの言葉を口にした

「ありがとう。 Thank you.」
「ごめんなさい。 I'm sorry.」
「許してください。 Please forgive me.」
「愛しています。 I love you」


禅堂に戻り

昨日までの自分から
0才の自分まで
それぞれにこの言葉を伝えて
インナーチャイルドワークをした

ホ・オポノポノ的には
インナーチャイルド=潜在意識

ヒプノ的には
インナーチャイルド=感情

感情は潜在意識に蓄積されるので
同じような考え方なのかも。。。

今までちょっと抵抗のあった
「ごめんなさい」と「許してください」
という言葉も
その必要性を今回は感じた


私は私なりに
その時その時を生きてきた

好ましい結果が
得られても
得られなくても

まわりに
認められても
認められなくても

後悔しても
しなくても

そこで判断をするのも
それを分析して
意味付けするのも

全て自分自身がしていること

わかっているつもりで
わかっていなかった

その時その時に
その選択をする意味があったことを




禅寺では

ある一定時間座禅を組むと
経行(きんひん/歩行瞑想)をおこなう

最後の2日は天気が良く
経行の途中
濡れ縁を歩いた

屋根の雪が溶け
ポタポタと落ちる水滴の音

雪の間から顔を出す緑の生命力

目の端に感じた紫色

クロッカスが咲いていた

春の日差しが

本当に
本当に
気持ちよかった


最初の5日間は雪がよく降り
とくに朝晩は冷え込み

座禅を組むときは
薄いダウンを中に着ないと
寒さで身体が固まった


最終日

身体も心も軽くなり

春の訪れを
心の底から喜ぶ自分がいた

この時期の接心に
参加出来たおかげで

冬の厳しさと
春の喜びがを
体験出来ました


2年前から接心を勧めてくれて
今回7度目の接心を体験した
若き友人に心から感謝162.png

誘ってくれてありがとう

♢♢ お知らせ ♢♢

6月は東京で

少人数で
今回はヒプノ的に自分を見つめる時間を増やします

ご興味のある方は
ぜひお問い合わせください

最後まで読んでくださり
ありがとうございます

今後ともよろしくお願いいたします






[PR]
by tabisera | 2018-05-04 07:41 | 意識について | Comments(0)
e0176573_4483389.jpg

夏の夕暮れを、海ですごす〜♪
友人が誘ってくれて、ニューヨーク湾をセーリングしてきました053.gif

e0176573_4491638.jpg

今回乗船したのは、1921年に造られた”Ventura"という由緒あるヨット。
e0176573_4583927.jpg

随所に木材や金属が使われていて、温もりと重みがあり、とても素敵なヨットです。

出港したときは、少し風がありましたが、
比較的静かな海で、あまり揺れることもなく快適に海上を楽しみました。
e0176573_54472.jpg

マンハッタン島の先端を望み、
e0176573_528076.jpg

夕暮れの自由の女神

ガバナーズ島とブルックリンの間をぬけていくと、
遠くに打ち上げ花火があがった。

今日は何の日だろう?

船上では、ビールと、
皆さんが持参した食べ物が並ぶ。
韓国風のり巻き、手羽先、しめさば、白桃。
どれも美味しくて、なんかしあわせ。

スタテン島に近づいていくと、
スタテン・ヤンキースの球場でナイターの試合をやっていた。
以前働いていたという方が、
「今7回の裏ですね。」って、

えっ、スコアーボードどこに見えるの???

だんだん自由の女神が近くなってきて、
e0176573_5411026.jpg

夜景を撮るのは、むずかしい。。。

e0176573_5424639.jpg

自由の女神を、こんなに近くで見るのは初めて。

約3時間のニューヨーク湾のセーリングは、
とても優雅な夏のひとときでした。
誘ってくれて、ありがとう。
[PR]
by tabisera | 2013-08-19 05:52 | New York | Comments(0)

MOMA

e0176573_9443878.jpg

友人が誘ってくれて、
今日はMOMAに、行ってきました〜♪

Rainの展示が明日で 終わり!
ということで来たわけですが、
10時前に着いたら、

「もう今並んでも10時間待ちで、今日は無理だから、明日来て!」

だって、  

えーーーーっ!

よく聞いてみると、
ただ見るだけ、というのもあって、
それなら数十分で見られるらしいので、、、

並びました。


e0176573_945418.jpg


その名の通り、建物の中は雨057.gif

そう! この中を通るのに、
長い時間みんな待ってるわけですが、、、


たしかに面白そう!!
雨の中にいるのに、濡れないんだよ♪

私たちは、横を歩くだけなんだけど。。。
取り合えず見れて満足:)

せっかくなので、美術館の展示も見てまわると、

e0176573_9452766.jpg

ポール・ゴーギャン! 

ゴッホ、クリムト、ピカソ、ミロ、クレー、アンディ・ウォーホール、

久しぶりだなぁ〜美術館053.gif

e0176573_9472812.jpg

クロード・モネ

モネを見ると、
ジヴェルニーに訪れた時のことを思い出す。
あの睡蓮の池がある、モネのアトリエには、とても素晴らしい庭があるんです!!

でもね、何より驚いたのが、

入り口に、

「のんほいパーク」って変な名前のプレートが飾られてるんですよ!!!!

えっ、「のんほい」って、三河弁じゃない?
って思ったら、
なんと、モネ財団と豊橋市は交流があり、
その「のんほいパーク」には、「モネの庭」があり、
「モネの庭」には、豊橋の次郎柿とツツジが植えてある。。。

まさかフランスに来て、
実家から歩いて20分の豊橋動物園が、のんほいパークに、
名前変更したことを知ることになるとは。。。(笑)

モネを見る度、私はこの時のことを思い出すんだろうなぁ。
[PR]
by tabisera | 2013-07-28 10:49 | New York | Comments(0)

バラの季節

e0176573_661828.jpg

先月ブルックリンに移って来たけど、
未だよく分からないこのエリア???

ということで、
ルームメイトがボランティアで、
図書館へ行くのに、
くっついて行くことにしました。

地図で見て知ってはいたけど、
ブルックリン博物館まで、
なんと3ブロックの近さでした.....。

メトロポリタンよりも古く、歴史があるそうで、
近くに住んでいるうちに、一度は訪れたいと思うのですが、
何を展示してるんだろう?

驚いたのは、ブルックリン図書館

e0176573_664926.jpg

ジャーン!立派でしょ!

館内には、外国語のセクションがあって、
日本語の本も置いてありました。

e0176573_695793.jpg

いきなり啓子先生の本を見つけて、
嬉しくてパチり!

涼しい館内で、少し読書をしたあとは、

e0176573_622097.jpg

プロスペクトパークを散歩〜♪

アパートに戻る道には、
色々な種類のバラが咲いていて、目を楽しませてくれます。
e0176573_6271329.jpg


そういえば、
今年の母の日に、
セドナの母と慕っている、
ナナさんのお母さんに会いに行ったとき、
お父さんが、
「もう春のバラは終わりだよ。」と言って、
庭に咲いているバラを切って、
花束を作ってプレゼントしてくれた 053.gif

あれから3週間が過ぎたけれど、
ニューヨークは緯度が高いので、
もう少しバラの季節を楽しめそうです。
[PR]
by tabisera | 2013-06-03 07:03 | New York | Comments(0)

New York New York

e0176573_4472776.jpg

突然ですが、
ニューヨークに来ています。

中南米の旅を終え、
さて、どこに滞在しましょうか?
と、旅の終わり頃から、ずーっと考えておりました。

旅を始める前は、
シアトルに拠点を移そうと思っていたのですが、
何となくタイミングを逃してしまった感じで.....。

昨年の夏、
南米へ出発する前に、
友人がカードリーディングをしてくれました。

そのとき、
「旅を終えても、元の生活には戻らないで、旅を続けていきます。
例えば NYに半年ぐらい滞在して、他に移って、また少し滞在をする。」
という言葉をもらい、

何となく、自分でも
「そうだな。」
と思えたのでした。


南米を旅している時に、
私がヒプノセラピストと知り、
相談してくる人が、何人かいました。

そういう人はたいがい、
ヒプノセラピーをすでに知っているような方々でしたが、
出会ったばかりの旅人の私に、
なぜ、そんなパーソナルなことを相談してくるのか?
とても不思議でした。

でも、
「私を信じてくれたんだな。」
とも受け取れ、
人して、
セラピストとして、
嬉しかったです。

そのとき改めて、
「こういったセラピーが必要な人は、大きな街に住んでいる。」
そんな当り前なことを、
実感したのでした。

ボリビアを去る前に、
もう一度、チチカカ湖の月の島と、太陽の島を訪れたとき、

e0176573_531591.jpg

月の島にも一泊して、
夕暮れ時に、
乙女の宮殿跡を訪れ、
静かに時間を過ごているとき、

NYの映像が、
ずーっと頭の中で流れるのです。

私はきっと、
南米へ旅発つ前、
友人がカードリーディングの際に、
「ニューヨークも良いですよ。」
と言った、あの時から、
ニューヨークへ行くことを、心のどこかで決めていたな。
と確信したのでした。

先週セドナから、ニューヨークに到着しました。

引越しではなく、
(ほとんどの荷物は、セドナ郊外の倉庫にありますし。)
長い旅の途中の長期滞在。
と自分では呼んでいます。

ということで、
只今ブルックリンのアパートに滞在中です。
ヒプノセラピーのセッションも、NYで始めていきますので、
どうかよろしくお願いします。

Facebookでヒプノセラピーのページを始めましたので、こちらもよろしく!

感謝。
[PR]
by tabisera | 2013-05-25 05:08 | New York | Comments(0)

旅好きヒプノティスト:長年アメリカ南西部に住み、中南米を旅した勢いでNYに拠点を移す。未だ都会生活に慣れないのを理由に、また旅に出る。www.motoiurano.com


by tabisera
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31