<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

旅セラ in Japan

残暑お見舞い申し上げます♪

今回は帰国のお知らせです。
9月10月と日本に滞在して、
東京、福岡でセッションを行います。

□ ヒプノセラピー: 悩みや問題を、根本的に解決して変わりたい方に、とても有効な心理療法です。 潜在意識の仕組みを理解して、自分が抱えている問題の解決方法や、求めている答えを自分自身でさがし、意識から、自分らしく変わっていくことが出来ます。

□ 場所:東京都世田谷区 (最寄り駅:京王線代田橋駅)

□9月の予定 
7日(土)10:00 14:00 *セルフヒプノシス・セミナー
8日(日)10:00 14:00
9日(月)14:00 18:00
10日(火) 14:00
13日(金)14:00 
14日(土)10:00 14:00
15日(日)10:00 14:00
16日(月)10:00 14:00
17日(水)14:00 18:00

10月、福岡の日程は、下記のサイトをご覧下さい。
http://www.motoiurano.com/schedule-jp.html

セミナーのお知らせ:

「セルフ・ヒプノシスを学んで『なりたい自分』に変えていく!」
自分の願いを現実化させるためには、潜在意識の特長を理解することが大切です。
潜在意識の働きを上手く利用して「なりたい自分」をどうイメージしていくか、
そして現実化するためのプロセスを学びます。
日時:9月7日(土)2 pm ~ 3:50 pm
*残り1席

「アレルギー/花粉症改善」
アレルギー改善の方法は、HPでも紹介していますが、
NLPでは「アレルゲンに対して身体が誤って判断をして、過剰に反応している。」と考えます。その判断を訂正し、プログラムをしなおせば、身体は正常に反応し、アレルギー反応は改善されます。もうひとつ重要なのは、アレルギーが始まった(自分では気がついていない)きっかけを探ることです。
日時:10月12日(土)2 pm ~ 4:10 pm

セミナーの詳細は、こちらをご覧下さい。
http://www.motoiurano.com/seminar.html

セッションおよび、セミナーにご興味がある方をご存知でしたら、
ぜひご紹介ください。よろしくお願いします。

*ご希望の方には、愛知県豊橋市でもセッションをおこなっていますので、
 お気軽にお問い合わせください。

いつもありがとうございます。
[PR]
by tabisera | 2013-08-22 00:51 | 日本 | Comments(0)
e0176573_4483389.jpg

夏の夕暮れを、海ですごす〜♪
友人が誘ってくれて、ニューヨーク湾をセーリングしてきました

e0176573_4491638.jpg

今回乗船したのは、1921年に造られた”Ventura"という由緒あるヨット。
e0176573_4583927.jpg

随所に木材や金属が使われていて、温もりと重みがあり、とても素敵なヨットです。

出港したときは、少し風がありましたが、
比較的静かな海で、あまり揺れることもなく快適に海上を楽しみました。
e0176573_54472.jpg

マンハッタン島の先端を望み、
e0176573_528076.jpg

夕暮れの自由の女神

ガバナーズ島とブルックリンの間をぬけていくと、
遠くに打ち上げ花火があがった。

今日は何の日だろう?

船上では、ビールと、
皆さんが持参した食べ物が並ぶ。
韓国風のり巻き、手羽先、しめさば、白桃。
どれも美味しくて、なんかしあわせ。

スタテン島に近づいていくと、
スタテン・ヤンキースの球場でナイターの試合をやっていた。
以前働いていたという方が、
「今7回の裏ですね。」って、

えっ、スコアーボードどこに見えるの???

だんだん自由の女神が近くなってきて、
e0176573_5411026.jpg

夜景を撮るのは、むずかしい。。。

e0176573_5424639.jpg

自由の女神を、こんなに近くで見るのは初めて。

約3時間のニューヨーク湾のセーリングは、
とても優雅な夏のひとときでした。
誘ってくれて、ありがとう。
[PR]
by tabisera | 2013-08-19 05:52 | New York | Comments(0)

Isamu Noguchi Museum

e0176573_2222227.jpg

イサムノグチ美術館を訪れました。

毎月第一金曜日は無料で入館出来るということで、
その機会を利用して、
ブルックリンからクイーンズへ、
マンハッタン経由でぐるっとまわって行ってきました。

調べてみると他の施設でも、色々無料のイベントがあるんだなぁ、
せっかく都会にいるんだから、もっとそういう機会も利用して、
芸術に触れる時間を増やそうよ!っと、やっと気がつき始めた私です。

考えてみればサンタフェでは、
ギャラリーオープニングへよく行ったよね。

サンタフェといえば、
イサムノグチ氏も生前は、サンタフェに住んでいた妹さんを訪れていたそうです。
特にクリスマス時期の、ファロリトスと呼ばれるキャンドルライトが好きだったとか♡

e0176573_2365941.jpg

台の木の組み方のせいか、
日本を感じさせられる作品。

彼の作品を美術館で観るのは初めてでしたが、
木や石の素材感が好きです。

庭も素敵で、ゆっくり出来、気持ちのいい空間。
枝垂れ桜の木もあるし、また違う季節に訪れたい場所です♪

美術館のあとは、せっかくなのでイーストリバー沿いの公園を散歩。

e0176573_29271.jpg

帰りはバスで南下することにして、
途中の乗り継ぎは、唯一知ってるバス停まで歩いて移動。
そのとき渡った長い橋から見たマンハッタンは、また違う表情をしていました。
[PR]
by tabisera | 2013-08-03 02:25 | New York | Comments(0)

NYに来たのは....。

e0176573_10232784.jpg

写真はボリビアのチチカカ湖にある、太陽の島での一枚。
この日は2012年12月12日、12時からの祈りの儀式を終えて、村に帰るところ。

標高3800mにある太陽の島は、ほぼ山で出来ていて、
移動をする時には、一度登って(約4000m)また下る、
約2週間滞在したけど、
この標高には、慣れなかったなぁ。

写真の右側、手を挙げているのが、太陽の島に住むR、
隣りはコパカパーナに住むT、
セドナの長老会議で知り合い、約3年半ぶりの再会でした。

この島に滞在している間は、
島の中の重要な場所をまわり、儀式をして、母なる大地に祈る機会が多く、
心はいつも穏やかでした。

長い南米の旅を終える前に、
もう一度太陽の島を訪れ、
つたないスペイン語で、Rと話したとき。

「太陽の島には、私のセラピーが必要な人は居ないでしょ!?」 と聞くと、

「居ない」とRが答えた。

母なる大地(パチャママ)に感謝をし、
大地にしっかり根付いた生活をする、太陽の島の人たちに、
もちろんセラピーは必要ない。


『旅が終わったら、どこを拠点にしようか?』

それは旅の始まりから続いている、
自分への問いかけだった。

今まで私は、自分が好きな田舎に住んでいた。

ニューメキシコ州サンタフェ
アリゾナ州セドナ

どちらも空が広く、自然が多く、独特の雰囲気がある観光の街。
時間の流れがゆったりとしていて、
フレンドリーな人が多く、
都会に比べたら、ストレスが少なく生活出来る。

そんな場所を、私はいつも選んでいた。

隣りの月の島で瞑想をしたときに、
ずーっとNYの風景が頭の中に流れていた。

実は、南米の旅へ出発する前に、
友人のミキコちゃんが、
ちょっとした事のお礼にと、カードリーディングをしてくれた。

そのとき、

「旅が終わっても、もとの生活に戻らないで、
旅を続けているかのように生きていきます。
例えばNYに半年いて仕事をして、他の街に移るとか。
あっ、ちなみにNYはいいですね。」

この時の言葉が、なぜかスポッと自分の中に入ってきて、
心に残っていた。

そう、セラピーが必要なのは、都会に住み、忙しく過ごしている人たち。

だから今回は、今までとまったく違う環境で、
大地への祈りと、セラピーが必要な場所を選んだ。

でも都会には、都会の醍醐味もあって、
人や文化的な面白い出会いがたくさんあり、
ここに来た意味を実感しています。

NYに移って2ヶ月半、
e0176573_10243363.jpg

さっき南米の写真を見ていたら、
とても懐かしくなった。

この旅での体験が、本当に貴重であったことを、
改めて感じています。

山が見えない場所で暮らすのは、生まれて初めてのこと。

ここで学ぶことは、まだまだ沢山ありそうです。
[PR]
by tabisera | 2013-08-01 10:36 | アジェンダ | Comments(0)

Have a nice journey!


by tabisera
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31