「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

トルヒーヨ、北部ペルー

e0176573_4523994.jpg


十月に入ってから、ペルーに来ました・・・と言っても、もう月末ですから、かれこれ3週間すごしております。

最初の1週間は、北部ペルーでインカ文明以前の遺跡巡り。

まずペルーで3番目に大きな街、トルヒーヨ(Trujillo)に到着。ここではツアーを利用して、最初にモチェ文化(紀元前後〜700年)の「太陽のワカ、月のワカ」を訪問。

ワカ(Huaca)というのは、聖なる場所を表す言葉だそうです。

ここペルー北部の遺跡は、アドーべと呼ばれる日干しレンガが使われています。長年住んでいたニューメキシコ州サンタフェも、アドーべで作られた家が多いので、とても親しみを感じました。

e0176573_4524418.jpg

遺跡の周りは・・・砂漠です。

e0176573_4524864.jpg

月のワカの外壁。

e0176573_4525271.jpg

左側のゴチャゴチャした絵の説明がこちら、

e0176573_4525618.jpg

右側のレリーフ、一番下の段は奴隷がつながってる。

解説で、すごく強調されるのが、この奴隷について。なぜワザワザ描く必要があったのか?どうも理解できませんが、この頃から、生贄という風習があったようです。

チムー文化(1000〜1400年)の遺跡には、二ヶ所行きました。虹のワカ(Huaca del Arco Iris)には、細かいデザインが組み込まれたレリーフがみられます。カメラで撮影したので、またいつか紹介したいですね・・・・。

もうひとつは、チャンチャン遺跡。約20kmにも及ぶという、広大な遺跡の一部が見られます。

e0176573_453635.jpg

巨大アドーべ建築!

e0176573_4531057.jpg

大きさわかるかなぁー!?

e0176573_4531366.jpg

ラッコのレリーフ。
他にもサカナ、鳥など、カワイイ模様が多い。他の遺跡とは、随分デザインの傾向が違うのは・・・ナゼ?

そして最後は、ワンチャコ海岸へ、
e0176573_4531799.jpg

葦で造られたトトラ舟の見学。
こうやって干しても、
1ヶ月ぐらいしか使えないらしい。

せっかくなので、
e0176573_4532060.jpg

名物のセビーチェ(お刺身のレモン和え)を、いただきました。

そして夕暮れの桟橋でたたずむ、
e0176573_4532561.jpg

愛嬌のあるペリカンくん。
[PR]
by tabisera | 2012-10-29 08:51 | 南米 | Comments(0)

Have a nice journey!


by tabisera
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31