カテゴリ:セドナ( 13 )

e0176573_8422994.jpg

NYに来てから、
アメリカ南西部観光大使に任命されてもいいんじゃない!?
と思うことがあるぐらい、
あの高地砂漠地帯の話をよくします。001.gif

特にニューメキシコ州、アリゾナ州のこと。

サウスウエストは第二の故郷ですから、
多くの人に知って欲しい016.gif

新しい年も始まり、
知っていると便利な情報を、
少し書いていこうと思います。

では、まず

☆ セドナへ行こう ☆

飛行機で入る場合、
アリゾナ州都フェニックスの空港(PHX)を利用。

一番近いのはフラッグスタッフの空港ですが、
本数も少なく、オフシーズンはセドナへのシャトルが無いので、
レンタカー以外は、タクシー利用となり意外と高くつく場合があります。

フェニックスからは、
レンタカーか、シャトルでセドナへ北上(約2~2.5時間)

もちろん都会のフェニックスでレンタカーをした方が、選択は多いです。

でも、あまり長距離運転に自信がない方は、
セドナでも下記の2社でレンタカーが出来るので、
シャトルを利用して、現地の移動用にセドナで借りるという方法もあります。

Hertz
Enterprise

シャトルサービス

Sedona Phoenix Shuttle
Ace Xpress Shuttle
Verde Valley Sedona Shuttle

日中なら道中サワロサボテンが見られます。
e0176573_452503.jpg


セドナでは、だいたい車で15分走れば、
主だった場所には行けますが、
歩いて移動をしようと思うと大変です。

車の無い方は、taxiを利用するか、
Best Western Plus Inn of Sedonaでは、
宿泊客の方には、5マイルまで無料でシャトルを出してくれます。

日本語でのツアーもあります。

アトラス・アメリカ
アメリカ・トラベル・ファクトリー

ツアーでは行かないような場所に行きたい方は、
ナナさん

ボルテックスでヒーリング体験をしたい方は、
アイルさん

ネイティブ・アメリカンの儀式に興味がある方は、
ユークアラさん

にコンタクトを取ってみてください。


「ボルテックスに行くと、何か感じますか?」

とよく聞かれます。

気功などをした後は、手がビリビリする場所があります。

レッドロックの上で横になると、
気分がすっきりするので、
セッションをした後、疲れたときに、
よく近くの山に行き、岩の上で寝てました。

とても、美しい場所です。

それぞれの、
気持ちがいい〜!
と思う過ごし方をして欲しいです。

e0176573_743448.jpg

Airport Mesaは、街からのアクセスが良く、歩く距離が短いこともあり、人気があり特に日の入り時には、駐車場が空いてない場合もあります。冬至の頃は、角度的に日の入りが見れないので、季節によっては、もう少し上にある展望台に行った方が確実に見れるかも。

e0176573_610164.jpg

Cathedral Rockは、だいたい通常登るのに40分、急な傾斜の所があり、途中、岩登り!という感じの場所があるので、手袋があった方がいいです。岩の形状から夏と冬の日の入りがしっかり見えないかもしれないけど、基本的に日の出、日の入り時のベストスポットです。

Boynton Canyonは、午前中にVistaという短いコースで、カチーナ・ウーマンと言われる岩の辺りまで登ります。それから、Enchantment Resortに行き、ボイントンキャニオンを見ながら、ランチを頂くのがお勧め。

Bell Rockは、頂上まで登るのはむずかしいけれど、ある程度までは自分たちで登れます。山の中腹ぐらいから少し左に周りながら登っていく感じ。ここは特に滑りやすいので、気をつけてください。

e0176573_6282530.jpg

駐車料金が別に必要ですが、Red Rock Crossingは川があり、
Cathedral Rockがとても綺麗にみられます。
セドナの街からは、SR89Aを西(Cottonwood方面)へ進み、
Upper Red Rock Loop Roadを利用して行きますが、
この道からの景色も美しいです。

またはBell Rockへ行った後に、Village of Oak Creekへ向かい、
Verde Valley School Roadをずーーっと行くと、
通常のRed Rock Pass(1日以上滞在するなら、1週間のパスが便利です。)で駐車場が使え、
別のハイキングコースからRed Rock Crossing の対岸に行けます。

お店 & レストラン

Uptown:
Clear Creek(ネイティブ・アメリカン系グッズ)
Body Bliss(セドナ製ボディーケア商品、クリスタルのアクセサリー)
Wild Flower Baking Company(気軽に利用出来るレストラン、テラスからの景色が良い。)
Ken's Creek Side(アメリカンレストラン、外が気持ち良い季節のテラスでのランチはお勧め。)
Oak Creek Brewery @ Tlaquepaque (地ビールが飲めるレストラン)

West Sedona:
Mystical Bazzar(クリスタルショップ、オーラ写真も撮れます。)
Crystal Magic(クリスタルショップ)
New Frontiers(ナチュラル・グローサリー、デリも充実。)
Szechwan(四川飯店、日本人のウェイトレスと、ジェリーは日本語が話せます。)
ChocolaTree(ベジタリアン、ローフードレストラン、外が気持ちいい。)
Hiro's Sushi(日本人オーナーの日本料理店です。)

セドナの詳細は、こちらのサイトをどうぞ

セドナ観光局の日本語版サイト

ハイキングコースマップ

セドナは最低3泊して欲しいなぁ。

小さい街で何もない、と思われがちで、
最初は1泊とか、日帰りで来る方も多い、
でも、次はゆっくり滞在したくなる、
本当にリピーターの多い観光地なのです。
[PR]
by tabisera | 2014-01-17 08:35 | セドナ | Comments(0)

セドナより

セドナに戻ってきました〜!

ただいま!!

例のごとく、
気がつけば時間は流れ流れて、
またもやブログの更新が....滞っておりました008.gif

さて、
昨日は4大ボルテックスのひとつ、
ベルロックに行ってきました。

友人の息子さんが、ビジョンクエストを終え、ご一緒に。

前回は、
ベルロックをよく知っている方に、
連れて行ってもらったため、

頂上まで登るのに、
そんなに大変だと感じなかった.....けど、

いや、ナカナカ、本当ナカナカの道のり....

e0176573_2515750.jpg


最初に登った反対側の岩の上にカメラ置いてきてしまい、
(帰りに寄ってみたら発見!!!感謝053.gif
そのうえ風が強くて、

iPadで撮った写真、ちょっとブレてる?

ベルロックの頂上は、
とても景色が良く、
気持ちもいいけど、

一人では登らないほうがいいかも。

下の方は、すり鉢状で滑りやすいし、
上は岩登りになるので、
慣れた方と一緒の方が安全です。

こういう場所のハイキングには、
072.gif日本の地下足袋072.gifがオススメ!
とっても具合がいいです049.gif

e0176573_3155096.jpg

愛用の地下足袋、カセドラルロックを背景に001.gif
[PR]
by tabisera | 2013-04-11 02:50 | セドナ | Comments(0)
e0176573_17255657.jpg


ご無沙汰しています001.gif

グアテマラ・メキシコと約5ヶ月の旅をして、
一時的にセドナに戻ってきています。

最初の計画では、
今頃はもう日本に居るはずだったんです。

そう、上手くいけば、
久しぶりに日本で花見が出来るかも… 053.gif

と、期待してたんですが 039.gif

今年は永住権の更新の年で、
その手続きが、想定外に長くかかっていて、

結局、5月上旬までセドナに滞在することになりました。

それで、せっかくの機会ですから、
セドナでセッションをおこなう事にしました。

詳細はこちら

5月中旬には、日本でのセッションが始まります。
詳細が決まりましたら、またお知らせ致しますので、
よろしくお願いします。

最近のセッションは、
グアテマラで学んだことを取り入れた、
今までとは少し違うスタイルになっています。

たくさんの方に体験して頂きたい♡
と願っております。
[PR]
by tabisera | 2012-04-19 17:56 | セドナ | Comments(0)

Sedona Superpass

e0176573_1833488.jpg



セドナ観光局がビジターセンターで販売している、
Sedona Superpassというクーポンブックがあります。

その存在は知っていたのですが、
今回ちゃんと中身を見ていたら、

Pink Jeep Tour 10%offクーポンを発見!

実は、義理の弟と甥をPink Jeep Tourに送った帰りに、
ビジターセンターに寄ってこれを発見してしまい、
妹は大ショック!007.gif

Superpassは6ドルで、
このクーポンがあったら15ドルはセーブ出来たと残念がる妹•••

早く気がつかなくて、ごめんね〜 008.gif

他にも、

Reds Restaurant at Sedona Rouge 25% off breakfast or lunch
Red Rock Western Jeep Tours 15% off any tour
Mystical Bazaar 15% off on crystals / gemstones

とお得なクーポンがいっぱいあるので、
思わず今後のために購入しました。

クーポンの詳細はこちら

ジープツアーには、その会社だけが入れる独自のコースがあり、

Pink Jeep Tourは、Broken Arrow 

Red Rock Western Jeep Tour は、Soldiers Pass Trail

これらがその特別なコースとなります。

ジープツアーに参加したことは•••
まだありませんが、

Broken Arrow,
Soldiers Pass Trailを、
ハイキングしている時にジープツアーを見かけて、
すごく面白そうだったので、
今回、義理の弟と甥に勧めたところ、
とても楽しかったようで、
もう一度乗りたい!と言っていました。

説明は英語になりますが、
乗用車では入れないガタガタ道をいき、
アドベンチャーを楽しみ、
美しいセドナの景色が見れるジープツアー、
ぜひSedona Superpassを購入して、
ジープツアーに参加してみては如何でしょうか?

PS 首に問題がある方は、自己責任でよーく考えてから参加してくださいね。
[PR]
by tabisera | 2011-04-25 19:04 | セドナ | Comments(0)

ボルテックスに触れる!

セドナの我が家に初めてのお客様、
それも地元豊橋出身の同級生二人とその家族が遊びに来てくれました。

もういきなり三河弁、
じゃん・だら・りん!が飛び交う毎日・・・003.gif

同級生の一人とは十数年振りの再会!
なつかしい〜!

彼女のリクエストもあり、4大ボルテックスをまず訪れました。

e0176573_1512298.jpg


ボイントンキャニオンにて、カチーナウーマン(岩)と友人K。

以前ご一緒した、
友人のツアーグループの方が、
岩を触ってる写真を撮ろうとしていて、
そういえば、イタリアのピサの斜塔を支える写真を、
撮ったことを思い出したのです。

友人たちも、
今度の年賀状に使う〜!
と面白がって、
私は(すすんで)地面に寝転がりながら撮りました。

ベルロックでも、

e0176573_15204273.jpg


上からつまんだり、

e0176573_15221512.jpg


横からはさんだり、

色々ためしてみましたが、

やっぱり最初のカチーナウーマンの一枚に勝るものはない!058.gif
今回の会心の一枚です049.gif
[PR]
by tabisera | 2010-08-12 15:39 | セドナ | Comments(1)

ペトログリフ

e0176573_1321464.jpg

セドナ郊外で壁画が見られるところに行くけど、
と友人が誘ってくれて、
久しぶりにハイキングへ出掛けました。

セドナはモンスーンシーズンに入ったのですが、
雨雲は見えても雨は降らず、という状態が続き、
湿度は高くなって、よけい暑さを増してる感じの今日この頃。

暑いことを理由に、なかなか出掛けなかったけど、
このハイキングは楽しかった〜!

e0176573_134477.jpg

普段なら水があるそうですが、
乾期が続いて、川底を歩いて目的の場所へ、

e0176573_136353.jpg


いろいろな壁画が見られました。

別にサインがあるわけでもないので、
知っている人に案内してもらわないと、
これは探せない!

ということもあり、

ちょっとアドベンチャー的要素も加わって、
普通のハイキングとは違った楽しさがありました。

期待以上のたくさんの壁画が見れて、
大満足058.gif
[PR]
by tabisera | 2010-07-19 13:36 | セドナ | Comments(0)

Red Rock Crossing

e0176573_1642752.jpg


セドナに初めて来た人を案内するとき、
レッドロック クロッシングを選ぶ確率はとても高い。

赤い岩の美しい場所は、
モニュメントバレー、キャニオンランドなど、
他にも色々あるけれど、
ここセドナの特徴は、
高地砂漠地帯なのに水が多いことにあります。

セドナを流れるオーククリークは、
雪解け水や、湧き水で、比較的水量が豊富、
そのためクリーク沿いは緑が多い。

赤い岩に、水と緑

他の高地砂漠地帯では、
あまり見られない組み合わせです。

レッドロック クロッシングでは、
セドナの象徴的な岩であるカセドラルロックが、
オーククリークと共に、
とても美しく見られます。

e0176573_17202739.jpg


とくに水面に映るカセドラルロックの姿は、
あまりにも有名で、
この日も数人のカメラマンが三脚をたて、
夕暮れときの、
オレンジ色に輝くカセドラルロックを、
撮影していました。

中州のような赤い平らな岩の上に腰をおろし、
水の流れる音を聞きながら、
カセドラルロックを眺めていると、
本当に気持ちがよくて、
時間がアッという間にすぎていきます。
[PR]
by tabisera | 2010-05-11 17:52 | セドナ | Comments(2)

セドナの滝

e0176573_1339583.jpg

10日前にSR89Aをフラッグスタッフに向っているとき、
信じられない光景を見た!

セドナの幻の滝

そういえば、友人がずーっと前に教えてくれた、
雪解け水で春に滝が出来るって。

この滝、期間限定です!023.gif

3月初めの週末は、
アリゾナ北部は雪、
フェニックスでは大雨、
という悪天候だったので、
滝の水は今日の3倍以上!
迫力がありましたーー!

写真ではわかりにくいけど、
なかなか大きな滝なんです。

今年は雪が多かったので、
オーククリークの水もすごく勢いがあるから、
レッドロッククロッシングの川は、
当分渡れないかもね・・・。
[PR]
by tabisera | 2010-03-19 14:06 | セドナ | Comments(0)

Snow in Sedona

e0176573_1574166.jpg


Happy Holidays!

23日の朝起きると、セドナの街は雪景色。

午後には、ほとんど溶けてしまいましたが、
とても幻想的な風景でした。
[PR]
by tabisera | 2009-12-25 15:11 | セドナ | Comments(2)

バーシング・ケーブ

e0176573_9311221.jpg


友人のナナさんが誘ってくれて、
バーシング・ケーブ(Birthing Cave/子宮の洞窟)へ行ってきました。

この場所には以前にも数回来たことがありますが、
今回はガイドのお仕事もされてるナナさんと、
日本からのお客様3名がご一緒で、
いつもとは違う時間を過ごしました。

まず最初に近くにあるメディスンウィールに行き、
ナナさんから説明をうけます。

メディスンウィールは色々な意味があるようですが、

そのひとつに、
人生を4段階に表し、

子供→青年→熟年(?)→老年期

それぞれの時期を13年で数え、
ひとまわりすると人生52年。

日本でも人生50年!
といわれた時代がありましたから
同じような寿命だったんですね。

だから今でも52才を越えると、
ネイティブの世界では「長老」と呼ばれるのです。

そして私たち女性5名のグループにも、
沖縄の長老が同行されていまして、
(お若くてチャーミングな方ですが、
今日はそう呼ばせていただきます。)

彼女が儀式をしてくださり、
一人一人、
東北西南と祈りながら
メディスンウィールのまわりを歩き、

それからバーシング・ケーブへと入っていきました。

ナナさんのサポートで順番に子宮の入り口の穴にはいり祈ります。
e0176573_10163271.jpg

この場所は、少し上のほうにあり、
滑るので裸足で、慎重に歩いて登っていきます。
(私も初めて入りました。)

じつは、行ったりきたりしていたら、
アッ! と思った瞬間に足を滑らせ、
まるで滑り台をおりるように、
下まで滑ってしまいました。(びっくりしたーーーー!)

取り合えず無事でしたが、

「あなたは早産ね。」
と長老にいわれました・・・。

日本からのゲスト二人はそれを観て、
怖くなった!008.gif
と後で言ってた。(ゴメンネー!)

ということで、
油断大敵です。

でも中に入ると、

e0176573_10165156.jpg


こんな風景がみられます。

バーシング・ケーブは,
ロングキャニオン トレールから外れた所にあり、

初めての方には、見つけにくい場所ですし、
ナナさんにガイドしてもらうと、
その場所の意味が深く感じられるので、お勧めします。

それからゲスト3名を、
13 Grandmothersの会議の会場へと送り届けました。 

ナナさんが、
前に行ったことがある近道。
という言葉を信じて、舗装されていない道を進んでいくと、
そんな表示はない。

すれ違ったツアーガイドさんに聞いてみると、
SR 89Aまで戻ると入り口があるから、と言われた。

うんうん、その道は私も知っているけど、

ナナさんが言う道は、どれ?

とiPhoneで調べてしまったのが、
すべてのはじまりでした。

わざわざ戻ってさがした道を進んでいくと、
下り坂で、いかにも雨で土が流されたあと、
大きな石が剥き出して、
ゴロゴロしている河原のような所に・・・でた。

いちおうAWDだけど、
石の段差がありすぎる、
ちょっと車体が低い・・

長老が
「戻ったほうがいい。」
と言ったにもかかわらず、

ひとりが下りて、
大きな石がない通れそうなところを探し、
でも枯れた低木やサボテンが点在する、
道なき草原へと誘導しはじめ、

なんとか、そこをクリアー!

良かったーーー!

大難所を突破!
と思ったのもつかの間、

それは1ヶ所だけでは終らなかった。

でも、

すでになんとか越えてきたあの難所を、

戻るのはもっと大変だろうし・・・

もう前に進むしかない!

ここで車が壊れて、
動かなくなることだけは避けたかったので、

「ごめんねスバル。」

「がんばれスバル!」

なんども口にしていた。

それを聞いていた長老が、
「この車、スバルなの?」
と驚いている。

どうやらさっきのバーシング・ケーブで受けたメッセージのなかに、
「スバル」が重要な意味を示していたらしい。

そして、

「道なき道をすすむ。」

という言葉もそのなかにあった。

私たちはその言葉の意味を、
このアドベンチャーで本当に実感させられた。

人が通る道は、やっぱり楽!
それがいくら舗装されてなくても、
気をつけて通れば、問題なくすすめる。

でも人があまり通らないような道は、
時に立ち止まって、その険しい道を前にして、
どうしようもない気分にさせられる。

でも仲間がいたら、それも乗り越えられる。

そんな体験でした。

このアドベンチャーには、
ちゃんとご褒美がありました!

e0176573_9314439.jpg

最初はこんな感じの美しい夕映えが、

e0176573_932323.jpg

こんな豪華な夕焼けとなりました。

雲が渦巻いてるの・・・わかる?

これも、この場所だから特別なのだと、
5人でその美しさと感動をわかち合ったのでした。


PS  愛車スバルは、
車体の下の部分のヒートシートを留めているボルトが2本曲がり、
1本取れていたので、それを直してもらい、
あとはフレームが少し凹んだだけ、
もちろんスクラッチは(また)増えましたが、無事でした。
ありがとう 053.gif
[PR]
by tabisera | 2009-12-09 12:34 | セドナ | Comments(6)

旅好きヒプノティストのブログにようこそ❤️長年アメリカ南西部に住み、中南米を旅した勢い(?)でNYに拠点を移した流れ者。多分前世はジプシーだったにちがいない。


by tabisera
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30