カテゴリ:南米( 9 )

柘榴

e0176573_614534.jpg


柘榴、pomegranate, la granada

ザクロの季節。
ボリビア、スクレの市場でザクロが並び始めました。

スペイン語でグラナダと呼ぶそうです。
アンダルシア地方のグラナダと、
何か関係があるのか?
グラナダには、
他にどんな意味があるのでしょう?

まだ緑色なのに、もう食べれるんですよ。
日本やアメリカの物とは、
種類が違うのでしょうか?

大きなザクロ5Bs.(65円) 、
ちょっと小さめは3Bs.(39円)
[PR]
by tabisera | 2013-02-03 06:02 | 南米 | Comments(0)
気がつけば、もう2月じゃないですか、
時間は待ってくれないですね。

ボリビアに入ってから、
チチカカ湖の太陽の島に滞在して、
アイマーラ族の友人達の祈りの集まりに参加し、

その後は、政治と経済の中心ラパス、
鉱山の街オルーロ、
そのオルーロから電車で移動してウユニへ行きました。

e0176573_41512.jpg


年末年始をウユニで過ごし(ウユニでは、たくさんの日本人と出会いました。)そこで知り合った日本人女性と、偶然予定が合い、1月上旬にウユニからバスで、ボリビアの首都スクレに来ました。

e0176573_414949.jpg


ずーっと標高が高い場所(クスコ3300m、太陽の島、ラパス3800m ウユニ3700m?)にいたので、
最初はスクレの標高2750mが快適でしたが、
こちら南半球は夏で、
雨期ではあるのですが、
2週間ほど雨が多く「まるで冬の気候」と地元の人がいうほど、
寒い日が続きました。

今週に入って、
やっと夏らしい気候になってきて、
過ごしやすいですね。

さて、ここスクレでは、
スペイン語を勉強していました。

単語で会話していたのが、
片言になった程度ですが、
相手の意図が少しはわかるようになったかも...!?

来週は、またウユニに行ってみようと思います♡
[PR]
by tabisera | 2013-02-03 03:20 | 南米 | Comments(0)

ボリビアより

e0176573_3502362.jpg


2012年も残すところ数日、
早いものですね。

今年こそは、もっとブログを更新しようと思ったのですが・・・うーん^_^;

12月11日から22日まで、ボリビア側のチチカカ湖にある太陽の島に行ってきました。
写真は、そのとき撮影したものです。

では
どうかお身体に気を付けて、
良い新年をお迎えください。
[PR]
by tabisera | 2012-12-29 03:36 | 南米 | Comments(4)

Puerto Varas, Chile

チリ北部は砂漠、南部は山と湖が美しいと聞き、(長年砂漠に住んでいるので、)南下することにしました。

北半球の住民には、南は寒い!という感覚に違和感を覚えますが、赤道から離れ、南極に近づくのですから、もっともな話です。

e0176573_6132372.jpg

ということで、南アメリカは春を迎えています。

e0176573_6132615.jpg

プエルト・バラスは、ヤンキウエ湖畔にあり、オソルノ火山とトロナドル火山を望む、風光に恵まれた小さな街。


e0176573_6133313.jpg

この地域の建物は木造が主で、ハンドクラフトを扱う店も多く、温かみを感じます。

e0176573_6133693.jpg

手編みのヒツジたち、
個性的な顔つきに惹かれるなぁ。

さりげなくPatagonia とThe North Face(開店準備中)のお店があったり!?

e0176573_6134015.jpg

素敵なカフェもあって、

プエルト・バラス、ゆっくり滞在したい街です。
[PR]
by tabisera | 2012-11-14 06:04 | 南米 | Comments(0)

トルヒーヨ、北部ペルー

e0176573_4523994.jpg


十月に入ってから、ペルーに来ました・・・と言っても、もう月末ですから、かれこれ3週間すごしております。

最初の1週間は、北部ペルーでインカ文明以前の遺跡巡り。

まずペルーで3番目に大きな街、トルヒーヨ(Trujillo)に到着。ここではツアーを利用して、最初にモチェ文化(紀元前後〜700年)の「太陽のワカ、月のワカ」を訪問。

ワカ(Huaca)というのは、聖なる場所を表す言葉だそうです。

ここペルー北部の遺跡は、アドーべと呼ばれる日干しレンガが使われています。長年住んでいたニューメキシコ州サンタフェも、アドーべで作られた家が多いので、とても親しみを感じました。

e0176573_4524418.jpg

遺跡の周りは・・・砂漠です。

e0176573_4524864.jpg

月のワカの外壁。

e0176573_4525271.jpg

左側のゴチャゴチャした絵の説明がこちら、

e0176573_4525618.jpg

右側のレリーフ、一番下の段は奴隷がつながってる。

解説で、すごく強調されるのが、この奴隷について。なぜワザワザ描く必要があったのか?どうも理解できませんが、この頃から、生贄という風習があったようです。

チムー文化(1000〜1400年)の遺跡には、二ヶ所行きました。虹のワカ(Huaca del Arco Iris)には、細かいデザインが組み込まれたレリーフがみられます。カメラで撮影したので、またいつか紹介したいですね・・・・。

もうひとつは、チャンチャン遺跡。約20kmにも及ぶという、広大な遺跡の一部が見られます。

e0176573_453635.jpg

巨大アドーべ建築!

e0176573_4531057.jpg

大きさわかるかなぁー!?

e0176573_4531366.jpg

ラッコのレリーフ。
他にもサカナ、鳥など、カワイイ模様が多い。他の遺跡とは、随分デザインの傾向が違うのは・・・ナゼ?

そして最後は、ワンチャコ海岸へ、
e0176573_4531799.jpg

葦で造られたトトラ舟の見学。
こうやって干しても、
1ヶ月ぐらいしか使えないらしい。

せっかくなので、
e0176573_4532060.jpg

名物のセビーチェ(お刺身のレモン和え)を、いただきました。

そして夕暮れの桟橋でたたずむ、
e0176573_4532561.jpg

愛嬌のあるペリカンくん。
[PR]
by tabisera | 2012-10-29 08:51 | 南米 | Comments(0)

Baños de Agua Santa

チムボラソ山のバイクツアーはとても楽しかった!・・・けど、あのガタガタ道と、寒さで疲れきったので、翌日さっさと温泉地バニョスに移動。エクアドルは火山が多いので、温泉が出るのです(^o^)
e0176573_1043473.jpg

写真は、Piscina El Salado(エルサラド温泉プール)。中心から少し離れていて、自然の中でとても良い!と言われて行ったのですが、曇り空で山も見えないし、熱めのプールが小さい上に、地元のお年寄りで一杯! あんまりゆっくり出来なかったのが、とても残念・・・。

Piscinas de La Virgen(マリア様が現れ、お湯に足をつけたと言われている温泉)は、2種類の温度の広いプールがあり、熱めのお湯の後には、滝のように水が流れているシャワーで水が浴びられ気持ちいい!ここで、お湯と水に繰り返し入っているうちに、身体の緊張もゆるみ、リラックス出来たのでした(^^)

ここは夜になると、もうひとつ熱ーいお風呂が開いて、入場料も$1高くなる。
e0176573_104351100.jpg

温泉プール横の滝
e0176573_10435866.jpg

聖母マリア様の聖なる湧き水"命の水"
この湧き水と滝のエリアは、本当に気持ちが良いです。

オマケ
e0176573_1044646.jpg

バニョス名物のアメ作り!
写真を撮らせて、とお願いしたら、息子さんと交代してくれた・・・。
e0176573_1044953.jpg

店先で男の人が作ってます。
[PR]
by tabisera | 2012-09-29 10:34 | 南米 | Comments(0)

パナマじゃない!?

e0176573_7531536.jpg

エクアドルのクエンカで知ったのが、パナマ帽は、実はエクアドルで作られていたということ。

地元では、a sombrero de paja toquilla (toquilla - straw hat)と呼ばれている。トキイジャと言われる植物は海岸線に多く、それを乾燥させて、クエンカ周辺の村で帽子に編んでいく。手に汗をかかないように、朝や晩、人によっては、月明かりでのみ仕事をするとか・・・月明かりで編まれた帽子って、なんかステキだなぁー☆
e0176573_753176.jpg

手に持っているのが編み上がった状態、昔はこれを製品にする技術と器具がなかったので、編み上がった物を丸め、パナマ運河から輸出をしていたことから、パナマ帽と呼ばれるようになったのですね。

e0176573_7531896.jpg

編み目の細かさによって値段が決まります。

このお店では$900の帽子も扱っていて、これだったら、丸めて持ち歩いても形が崩れないそうです。

e0176573_7531969.jpg

クエンカ周辺の先住民の人達は、パナマ帽改め、トキイジャ帽をかぶってる人も多い。
e0176573_7532170.jpg

レストランのサーバーの方も・・・かっこいい!
[PR]
by tabisera | 2012-09-29 08:50 | 南米 | Comments(0)

クエンカ

e0176573_92330.jpg

南米エクアドルで三番目に大きな街クエンカ。ここに2週間ほど滞在し、偶然2人から紹介されたAMAUTA Fundacion www.amauta.edu.ecで、スペイン語のクラスを受けていました。朝2時間(月ー金)のクラスでしたが、終わるとホントーーに疲れて、お腹がグーッと空くのです。

ここでは日替りランチセット(スープ、メインプレート、デザート、フレッシュジュース)を、2ー3ドルで用意しているレストランが多く、よく利用しています。
e0176573_92660.jpg

今週見つけたCilantro (Juan Jaramillo 8-66 y Benigno Malo) は、とても感じが良く、美味しくて☆☆☆!

近くのCafe Austriaも好きなんだけど、外国人オーナーの店とか、輸入品を扱う外国人相手の店は、値段設定がちょっと高め・・・・

コロニアル調の街並みが、400年以上保存されているクエンカは、ユネスコ世界遺産に登録されている美しい街。
e0176573_92824.jpg


街の中心にある大聖堂(最初の写真)、そのすぐ近くの花市には、よく立ち寄ります。
e0176573_921134.jpg

アレンジの仕方が独特で、ここで花を見てまわるのは楽しいです♪
[PR]
by tabisera | 2012-09-22 06:44 | 南米 | Comments(0)

エクアドル

お久しぶりです。
突然ですが、南米エクアドルに来ています。詳しい説明はまた。ということで、今日は、今滞在している街、クエンカの市場のお話し。

e0176573_8322174.jpg


ここは標高2500m+の高地にありますが、赤道直下ということで果物が多いです。ちなみにエクアドルとはスペイン語で赤道という意味です。

ここの市場は立派で、地下は魚や肉類、一階は果物や野菜、二階は食堂となっています。

食堂街へ行ってみると、豚の丸焼きが並んでいます。たぶんここの名物ですね。郊外の市場に行った時も、ものすごい数が並び、肉が乾かないように、背中に布が掛けてありました。そこでは、外で鳥と子豚?の串焼きが並び、これは遠くからチラ見が精一杯...

そして今日のメインは、その近所のクラフト市
e0176573_8322735.jpg

そこの一角で、
e0176573_8322919.jpg

リンピア、主に子供が受ける浄化の儀式を行っています。
e0176573_8323381.jpg

先住民の女性が、何かを唱えながら、ハーブの束で身体中を撫でてくれました。

友人が行った時は、卵も使って身体を撫で、最後に割ったらしい...他にハーブの液を顔に塗ったり、と色々やり方があるようです。

「卵を使うか?」と聞かれましたが、卵を頭の上で割ったのか、終わって地面で割ったのか、憶えがなかったので、丁重にお断りしました。

うん、確かにスッキリしたような、これは出発前にもう一度やろうかな?
[PR]
by tabisera | 2012-09-15 07:12 | 南米 | Comments(0)

旅好きヒプノティストのブログにようこそ❤️長年アメリカ南西部に住み、中南米を旅した勢い(?)でNYに拠点を移した流れ者。多分前世はジプシーだったにちがいない。


by tabisera
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30