巨大アスパラガス

e0176573_12312927.jpg

2週間ほど前、夕方散歩に出掛けてみつけた!
どう見ても巨大なアスパラガスだよね。

和名は竜舌蘭(リュウゼツラン)
なんか今時のアニメに出てきそうな漢字の組み合わせですが、
アガベと呼ばれる植物です。

e0176573_12315475.jpg


アガベは20〜40年に一度だけ花を咲かせ、
そして枯れていく植物で、

最後に花を咲かせるとき、
このアスパラガスのような花茎が、
突然グングンとのびてきます。

あまりに成長がゆっくりなので、
100年(1世紀)に一度開花すると誤って認識されて、
センチュリープラントとも呼ばれています。

e0176573_12322770.jpg


ここ数日、とても暑かったので、
アガベの花が咲きはじめ

ハミングバードが、
花の蜜を目当てに飛んできてた。

これとは別の種類のアガベから、
テキーラや、
アガベシロップが作られるので、

花の蜜も甘いのかもね?

ネイティブの人たちは、
花咲く前のアガベの茎を、
いくつもまとめて蒸し焼きにして、
糖分を高くし、
食していたそうです。

竜舌蘭と称されるこの葉の先は、
とても鋭くほそく尖っていて、
葉自体は繊維がとても多い。

上手く葉の先を取ると、
繊維がついてきて、
天然の針と糸となり、
皮などを縫うのに使っていたようです。

セドナでは、この花茎を使って、
ディジュリドゥという楽器を作る人もいて、

このアガベというのは、
とても利用価値の高い、
素晴しい植物なのです。
[PR]
by tabisera | 2010-06-09 13:02 | アジェンダ | Comments(0)

Have a nice journey!


by tabisera
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31